Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bousaino/www/test/wp-includes/post-template.php on line 284

実はすごい!東京都の取り組み

Photo via VisualHunt.com

 

まだ記憶に新しい東日本大震災。2011年3月11日14時46分頃、三陸沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生。 死者1万5000人以上、行方不明者2500人以上という膨大な被害をもたらし、日本中が深い悲しみに包まれました。一向につながらない携帯、全く動かない電車、大渋滞の道路など、首都圏でも大混乱を招き、帰宅困難者は約500万人…。日々の防災活動の重要性を思い知らされた日となりました。
 
下記に東京都が現在行っている防災活動の一覧を記載します。自分自身を守り、そして大切な家族、大事な友人を悲しませてしまわないためにも、最低限の知識は身につけておきたいところです。東日本大震災を教訓とし、少しでも防災知識を身につけ、「もしも」の時に備えましょう。

Photo via VisualHunt.com

 

なにやら難しい言葉がずらっと並んでいますが、東京都だけでも既にこれだけの防災活動や対策が行われているということを、まずは知って頂きたいです。こういったことを少しでも知っているだけで、緊急時に取れる行動がずいぶんと変わってきます。2020年にはオリンピックも開催される東京。日々、防災の知識を蓄積し「もしも」の時に備えたいものです。

 

<東京都が行っている防災に関する取り組み>

 

  1. 計画(地域防災計画や国民保護計画等)
  2. 危機管理体制(防災会議、初動態勢、防災訓練等)
  3. 地震対策(震災対策や震災復興、津波予測)
  4. 地震被害想定(首都直下地震等の被害想定)
  5. 風水害対策(河川改修、調節池、遊水池、防潮堤整備)
  6. 火山対策(火山対策について)
  7. 国民保護(国民保護の取組みについて)
  8. 新型インフルエンザ対策(危機管理体制や計画)
  9. 調査・研究(東京都が実施した調査、研究)
  10. 防災イベント(防災展等のイベントによる防災情報)
  11. 帰宅困難者対策(災害時の帰宅困難者対策)
  12.  計画(地域防災計画や国民保護計画等)
  13. 危機管理体制(防災会議、初動態勢、防災訓練等)
  14. 東京防災隣組(大都市ならではの共助の仕組み)

出典:http://www.bousai.metro.tokyo.jp/taisaku/index.html

 

 

30年以内の発生確率70%!首都圏に迫りくる恐怖の巨大地震

Photo via VisualHunt.com

 

内閣府は首都直下型地震、南海トラフ巨大地震の30年以内の発生確率を70%と発表しています。いずれも首都圏への膨大な被害が予想される2つの巨大地震。具体的な被害想定は下記の通りです。

 

首都直下型地震

 

発生確率:30年以内に70%

死者:最大約2万3000人

避難者:最大約700万人

帰宅困難者:最大約800万人

 

南海トラフ巨大地震

 

発生確率:30年以内に70%

死者:最大約32万3000人

避難者:最大約950万人

帰宅困難者:最大約1060万人

 

Photo via VisualHunt.com

 

見ているだけで落ち込んでしまうような数字が並んでいます。南海トラフ巨大地震にいたっては、東日本大震災の17倍にあたる32万3000人もの死者が出るとの想定…。このままいつ起こるか分からない巨大地震に怯えながら暮らすのは正直とても気が重いと思う方も多いと思います。しかし、ただ不安な気持ちを持ったまま日々暮らしていても、何の対策にもなりません。万が一のときに適切な行動を取れるよう、今のうちから準備を始めておきましょう。起きてからでは、遅いのです。

 

 

忘れてはならない過去の大地震

Photo via VisualHunt.com

 

過去に発生した大地震を振り返ってみます。規模の小さなものを含めると、かなりの数になりますが、大地震だけでもこれだけの頻度で発生しています。

 

1923年9月1日

関東大震災

死者・行方不明者数:105385人 規模:マグニチュード7.9

 

1995年1月17日

阪神・淡路大震災

死者・行方不明者数:6437人 規模:マグニチュード7.3

 

2004年10月23日

新潟県中越地震

死者・行方不明者数:68人 規模:マグニチュード6.8

 

2011年3月11日

東日本大震災

死者・行方不明者数:22010人 規模:マグニチュード9.0

 

2016年4月16日

熊本地震

死者・行方不明者数:131人 規模:マグニチュード7.3

 

壊滅的な被害をもたらした東日本大震災。今も多くの方たちが心に大きな傷を負ったまま暮らしています。いつもの風景は一瞬にして奪われました。

目を疑うような光景が目の前に広がりました。

たくさんの方々の命が奪われました。この日のことを、私たちは決して忘れてはいけません。起きてしまった現実を受け止め、同じ悲劇を繰り返さないためにも、防災の意識を高めることはやはり重要です。自然にはかなわない…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、事前に備えることで守ることができる命もあるはずです。

そして防災も勿論大事ですが、「もしも」のとき、私たちの一番の心の支えになってくれるのは、やはり人の優しさです。苦しい状況だからこそ助け合いの気持ちは忘れないようにしたいと思わせてくれる心あたたまるツイートたちをご紹介します。

Photo via VisualHunt.com

終夜運転のメトロの駅員に、大変ですねって声かけたら、笑顔で、 こんな時ですから!だって。捨てたもんじゃないね、感動した。

引用:http://twitter.com/#!/tadakatz/status/46274214654787584

 

駅員さんに「昨日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」って言ってる小さい子達を見た。駅員さん泣いてた。俺は号泣してた。

引用:http://twitter.com/#!/oka_0829/status/46783719771607041

 

昨日青葉台駅で帰宅困難者が溢れる中、車に乗ってる人が「○○方面の方どうぞ!」って行って車に乗せてた。「困った時はみんな一緒ですから!」って言ってた。超感動したの思い出した。

引用:http://twitter.com/#!/ryoshun49/statuses/46605524434821120

 

地震の時、目の前にいた杖をついたおばあちゃんを支えた。 地震が終わった時、震える手を握ってくれていた。 『ありがとう。ありがとう。』って、私の方こそありがとう。 見ず知らずのおばあちゃんの手…とっても心強かった。

引用:http://twitter.com/#!/meetman111/status/47972485706166272

 

子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんがその子供の背中に向けてかけた、ありがとうございます、という声が震えてました。

引用:http://twitter.com/#!/matsugen/status/47231589758935040

 

若者への浸透のために

Photo via VisualHunt.com

 

防災と聞いてピンとくる若者はまだまだ少ないのが現状です。

 

日常生活の中で防災に触れる機会がほとんどない

そもそも防災の重要性があまり分からない

ネットで検索しても小難しい言葉ばかり出てくる…

 

など、理由は様々だと思いますが、世の中に若者向けのコンテンツが不足しているのも確かです。

防災.comでは、そういった若者たちへ向けた発信を増やすとともに、皆が安心して暮らせる社会作りに少しでも貢献していくことができればと考えています。

 

Photo via VisualHunt.com

 

あとで後悔してしまわないために、大事な家族、仲間、そして自分自身を守るために。

今できることをしていきましょう。

シェアする
Share on FacebookTweet about this on Twitter