ペットの防災対策について考える

Photo via VisualHunt.com

 

災害時に人命を守ることは勿論とても大事なことですが、ペットも私たちと同じように大事な地域の一員であるということを忘れてはいけません。

 

動物愛護の観点からだけでなく、被災動物の野生化による危険防止、また飼い主の二次災害や災害関連死を防ぐためにも、ペットとの同行避難を動物の災害対策の基本として位置づける取り組みが近年活発になってきています。

 

Photo via VisualHunt.com

 

しかし、災害時のガイドランや避難所での受け入れルールは人間と違って細かな線引きやルールを設ける必要があり、ペット防災の準備や対策、そしてそれらの情報収集や共有など、具体的なことを考えていくと、まだまだ問題は山積みであると言えるのが現状です。

 

動物が苦手な方への配慮

現在、ペットが家族の一員であると考えられるようになり、発災時は避難所へペットを一緒に連れてくることが想定されます。動物が苦手な方、高齢者、乳幼児、妊婦、アレルギー者なども避難所に一緒にいることを想定し、起こるであろうトラブルを未然に防ぐ必要があります。

 

避難所にはないペット用品

避難所に用意されている備蓄用品は人間用のものだけであることが想定されます。ペット用品がまったくない環境でどう対応していくのか、事前に考え、今のうちに準備できるものは準備しておく必要があります。

 

そもそも受け入れてもらえない

避難所が狭い場合、ペットを受け入れてもらえない可能性があります。その場合どのように対応すればよいのか、飼い主は事前に最低限の知識を身につけておく必要があります。特に都内の学校などが避難所となった場合、校庭などが狭いため、受け入れを拒否されてしまう可能性も十分に考えられます。

 

 

同行避難と同伴避難

Photo via VisualHunt.com

 

災害時におけるペットとの避難方法は大きく下記2つに分かれます。

 

同行避難

発災時、飼い主とペットが共に「避難所までの避難を行う」ことを指す

 

同伴避難

発災時、飼い主とペットが共に「避難所までの避難を行い、且つ避難所内でも同一のスペースで過ごすこと」を指す

 

多くの場合、避難所において同一スペースで過ごすということは少なく、同行避難という形をとることが想定されます。同行避難の基本的な考え方は下記の通りです。

 

同伴避難の基本的な考え方

・発災時に、飼い主がペットと共に避難所まで安全に避難すること

・避難所では、人とペットが同一の空間で居住できない

・ペットは動物避難所での生活(基本はゲージ飼育)

・ペットは動物避難所ルールに基づき、飼い主の責任で飼育管理する

・動物避難所(避難拠点)でのペット飼育用品は、各自飼い主が準備用意する

・飼い主は動物避難所ルールを厳守すること

Photo via VisualHunt.com

 

しかし、ペットにとって避難所は決して快適な場所ではありません。日頃から共助、仲間づくりをして、「もしも」のときは一時預かりをしてもらえる場所を考えておくことが大切です。避難所の狭いゲージの中で過ごすよりも、親戚宅や友人宅などで過ごすほうがストレスは少なくてすみます。

 

ペットの避難セット

Photo via VisualHunt.com

 

一般的なペットの避難セットは下記の通りです。あの時準備しておけばよかった…と後悔してしまわないためにも、今のうちに準備して、すぐに取り出せる場所に置いておくことをおススメします。

 

・ゲージ

・フード(療養食)7日分

・トイレセット(シート、砂、処理袋など)

・ガムテープ

・写真(顔、全身、飼い主と一緒に写っているも)

・迷子札

・水(2~3日分)

・食器(割れないもの)

・新聞紙、段ボール、ビニール袋

・タオル、毛布

・健康手帳

 

迷子になった時、写真があるとポスターなどすぐに作成できます。また、薬を服用している場合は、切らさないように病院から7日分処方しておいてもらうと安心です。大事な家族の一員であるペットを守れるよう、事前に準備をしておきましょう。

 

動物と暮らしやすいまちづくり会

出典:動物と暮らしやすいまちづくり会

 

「動物と暮らしやすいまちづくり会」では、東京都中央区を拠点に「人と動物が共生できるまちづくり」を考え、その方法を行政へ提案していく活動を行っています。

 

平成28年度は、「ペットの適正飼養及びマナー普及」を目的に、動物好きな方や飼い主さんに正しい知識のもとで「愛情とけじめを」もって「マナーを踏まえたペットとの暮らし方」を守ってもらえるよう、様々な場所で情報やアイデアの発信が行われました。

 

ペットを守る災害対策ガイドブック

マグニチュード7クラスの首都直下地震が今後30年間に発生する確率は約70%といわれています。犬や猫などのペットを飼われている方が、災害時に混乱をなるべく少なく暮らしていくためには日頃からの備えや意識が大切です。

 

このガイドブックでは、いつ発生するか分からない災害に備えて、何をどのように準備すれば良いか、また、災害が発生した際の行動手順について、分かりやすくまとめられています。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

こちらのページよりダウンロードすることができます。

http://www.bousaino.com/product

 

 

 

シェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter