Photo via VisualHunt.com

震災後に電子カルテ導入「福島県 一陽会病院」

SPECIAL

2018/4/2

 

精神科医療ウェブマガジン Dear Partnersに福島県 一陽会病院で院長を務める寺山賢次さんのインタビュー記事が掲載されています。

 

東日本大震災発生時、数多くの病院が機能不能となった中、小さな被害で済んだ一陽会病院では路頭に迷う患者さんを受け入れられ、医療を提供され続けました。ガソリン供給のない状況下で、病院スタッフの方々は片道何時間もかけて自転車で通勤したり、病院に寝泊まりしたりし、勤務されたそうです。

 

 一陽会病院では、震災後に電子カルテを導入されています。導入するまでのエピソードについて、また震災時のお話、福島の医療・介護業界についてなど、院長のお話をぜひお読みになってみて下さい。

 

 

福島県 一陽会病院インタビュー「震災を乗り越えて」

http://dear-partners.jp/ichiyoukai_01

 

シェアする
Share on FacebookTweet about this on Twitter