Photo via VisualHunt.com

《読んで守ろう》「人が死なない防災」片田敏孝(著)/集英社

BOOK

2018/2/28

 

いつ災害が起こるか分からない私たちが知っておかなくてはならないことが、多く詰まった著書です。

 

■今回の1冊

 

 

「人が死なない防災」

片田敏孝(著)/集英社

 

 

 

内容紹介

東日本大震災で大津波に襲われた岩手県釜石市で、小中学生の生存率、99.8%(学校管理下では100%)だった。子どもたちはなぜ命を守ることができたのか。そこには、震災前から地道に積み重ねられてきた、画期的な「防災教育」の効果があった。2004年から釜石市の危機管理アドバイザーを務めてきた著者が、主体的な避難行動を可能にした「防災教育」のノウハウを余すところなく公開する。

 

題名だけでもとても惹かれる一冊ですね。ぜひ読んでみてください。

 

シェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter