Photo via VisualHunt.com

~防災公園 Part 1~ 自宅付近の「防災公園」を知っておきましょう。

SPECIAL

2018/1/1

 

新年あけましておめでとうございます。今年も防災.comをどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年第一弾は、防災公園についてご紹介させて頂きます。

 

東京都や各市の「地域防災計画」では、都立公園58ヶ所が「避難場所」とされていて、35ヶ所が「大規模救出・救助活動拠点」や 「ヘリコプター活動拠点」などに指定されています。このような公園を「防災公園」と呼びます。

 

出典:東京都公園協会

 

 

自衛隊や警察、消防などの広域支援・救助部隊が、被災者の救出・救助活動を行うための拠点となる施設が、大規模救出救助活動拠点候補地としてあらかじめ指定されています。この大規模救出救助活動拠点候補地は、大きな被害が想定される地域に近く、大型ヘリコプターの臨時離発着スペースや部隊の活動スペースが確保できる大規模な都立公園が対象となります。

 

あなたのご自宅近隣の公園は、防災公園ですか?

 

近くの学校などと一緒に公園も把握しておくといざというときに、あわてず避難することができます。お正月休みの時間を使って、ぜひ確認してみてください。

 

詳しくはこちら

https://www.tokyo-park.or.jp/special/bousai/basyo.html

 

シェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter