Photo via VisualHunt.com

水と塩で発電!非常時に光を求めて

GOODS

2017/10/09

 

災害時、電気が通らないために真っ暗。おまけに電池も無いという状況に陥る可能性は、十分にあります。

 

そんな事態を想定し、電気も電池も無くても灯かりを手に入れることができるのがこちらのグッズです。

 

日立マクセルから発売されているMIZUSION(ミズシオン)LEDランタン。

 

 

なんとこちらのランタン、水と塩だけを入れればLEDが点灯し30時間に1度塩水を交換すれば約80時間の連続点灯が可能。明るさは0メートル時点で2000ルクスと手芸や裁縫などを行うには十分な明るさとなっています。

 

いつおきるか分からない災害。気になれば1つ持っておくのはどうでしょうか?

 

 

シェアする
Share on FacebookTweet about this on Twitter