約1万人が参加!「埼玉県・鶴ケ島市総合防災訓練」

TRAINING

2017/08/28

 

第38回9都県市合同防災訓練の埼玉県会場「埼玉県・鶴ケ島市総合防災訓練」(県と鶴ケ島市主催)が昨日27日、鶴ケ島市役所などの市内12ヵ所で開催されました。坂戸鶴ケ島消防組合をはじめ県警や自衛隊、市内の各自治会、地域支え合い協議会などの関係団体、市民ら約1万人もの方が参加されたそうです。

 

この日の訓練では、深谷断層帯と綾瀬川断層を震源とするマグニチュード8.0の地震で県中部などで甚大な被害が発生し、鶴ケ島市内で最大震度6強の揺れを観測したと想定。関係機関の訓練では、庁舎屋上の避難者をヘリコプターで救出する高層階建物救出救助をはじめライフラインの復旧や倒壊建物救助、救援物資受援、初動期の1次医療対応、ドローンによる情報収集やコンクリートミキサー車を活用した消火用水の補給が、住民対象の訓練では、水消火器を使用した初期消火、カレーを配給する炊き出し、倒壊家屋から負傷者を救出する初期救出、起震車による地震体験、自然災害の怖さを3Dモニターや振動装置などで体験できる自然災害体験車による体験などが行われるなど非常に本格的な内容での開催となったようです。

 

「自ら何をすべきか」を考え、自助や共助の意識高揚と知識向上を図ることが狙いの同訓練。訓練と言えども、これだけ本格的な内容での実体験があれば、いざという時も慌てずに行動することができそうです。

 

下記公式サイトでは防災訓練の実施状況や啓発用のポスター・リーフレットを確認することができるほか、防災クイズにチャレンジして自分自身の防災度をチェックすることができます。是非お試しください。

 

防災クイズ
http://www.9tokenshi-bousai.jp/kunren/quiz01.html

 

シェアする
Share on FacebookTweet about this on Twitter