Photo via VisualHunt.com

「降ってからでは遅い」早期避難のすすめ

 

SPECIAL

2017/08/14

 

大災害となった九州北部の集中豪雨。 

 

1時間に100mm以上という集中豪雨の場合、特別警報が出てからの避難行動は危険なことです。 

 

こちらの記事では防災・危機管理アドバイザーで防災システム研究所所長の山村武彦氏が、警報予告がでたら早めに、念のために避難する「早期避難」に勝る対策はない、と語っています。

 

また、やむなく豪雨となってから避難する際の注意点や避難が遅れ、家から出ることが出来なくなった場合に必要な対策についても触れています。

 

豪雨による被害を防ぐ為に大切な知識がまとまっています。是非、ご一読ください。

 

 

 

豪雨での避難時 長靴はNG、排水溝を塞いでおくべき

http://blogos.com/article/236131/

 

 

シェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter