鹿児島で震度5強「今後1週間程度は注意が必要」

 

SPECIAL

2017/07/11

 

本日11日午前11時56分頃、鹿児島県の鹿児島湾を震源とする地震があり、鹿児島市で震度5強の揺れが観測されています。

 

気象庁によると、震源の深さは約10キロ、マグニチュードは5.3、今回の地震は地盤が西北西-東南東方向に引っ張られたことによる横ずれ断層型とみられるとのことです。

 

周辺では、昨年12月頃から地震活動が比較的活発になっていたということで、今後も1週間程度は最大震度5強程度の地震に注意が必要だと発表されています。

 

主な各地の震度は下記の通り。
 震度5強→鹿児島市
 震度5弱→鹿児島県指宿市、南九州市
 震度4→鹿児島県薩摩川内市
 震度3→鹿児島県いちき串木野市、宮崎県日南市
 震度2→宮崎市、長崎県南島原市、熊本県八代市

 

揺れの強かった地域では、落石や崖崩れなどの危険性が高まっている恐れがあるとのことですので、周辺地域にお住まいの方は十分にご注意ください!

 


 

シェアする
Share on FacebookTweet about this on Twitter