Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bousaino/www/test/wp-includes/post-template.php on line 284

防災グッズの保管方法を考えよう!~前編~

 

SPECIAL

2017/06/21

 

防災グッズをどのように保管していますか? 

 

保管方法により、安全性を高める方法があることをご存知でしょうか?

 

災害が起きたら、まず身の安全の確保が最優先です。必要になる防災グッズは多く、すべてを一つにまとめると、持ち出しに苦労し、避難に遅れてしまいます。

 

防災グッズに優先順位をつけて、

・安全を確保するまで必要なグッズ

・安全を確保してから、救援物資などが届くまでに必要なグッズ

の2つに分けて保管しましょう!

 

今回は安全を確保するまでに必要なグッズを紹介します!

 

 

◆安全を確保するまで必要なグッズ

 

・水

1人1~2リットルを確保。3リットルあるとベスト。

 

・食料

1日分の簡単に食べられるもの。重量が軽く、カロリーが高いものが好ましい。

 

・ホイッスル・防犯ブザー

救助を求めるときに使用。常に持ち歩くほうがよい。

 

・懐中電灯

LED、充電式、十分な明るさがあるものが好ましい。

 

・携帯ラジオ

周りの情報を手に入れるために重要。

 

・簡単な救急用品

持病の方は常に何日分か備える。

 

・ライター

マッチは長期保管向かない為、ライターがオススメ。

 

・軍手

割れた窓の撤去など危険な作業に役立つ。

 

・筆記用具

場所を離れる際など、メモ・メッセージを書置きできる。

 

・ポリ袋

防寒やカッパ、簡易トイレとして利用可能。

 

・携帯トイレ

衛生的な環境を保つことが重要。後処理がしやすいものを選ぶ。

 

・タオル

頭を守る為の布巾など、様々な用途で使用可能。

 

・お金

小銭があると公衆電話や自動販売機で使用可能。

 

・身分証明書

自分の身分を証明できる。

 

・衛生用品

体を拭くためのウェットタオルなど。

 


安全を確保するまでに必要なグッズは、常に見え持ち出しやすい位置に保管しましょう。 

 

保管場所がわかりやすいと、いざという時に、混乱せずスムーズに荷物を持って避難出来るでしょう。

 

リュックサックにまとめておくと、避難時に邪魔にならず、両手が使えて身動きがとりやすくオススメです。

 

赤ちゃんがいる家庭ならば、赤ちゃん用のオムツが必要など、人によっては必要なものが異なる場合があります。そういったものも常に意識して、気付いたら荷物と一緒にまとめておけるとよいでしょう。

 

また、懐中電灯・携帯ラジオなど電化製品に必要な予備電池を、忘れずにまとめて入れておきましょう。

 

シェアする
Share on FacebookTweet about this on Twitter