「備えあれば憂いなし」の精神

 

SPECIAL

2017/04/26

 

アメリカと北朝鮮の軍事的緊張が続く中、北朝鮮側は核実験やミサイル発射のかわりに、過去最大規模の火力訓練を行うことで落ち着いたようですが、北朝鮮が核兵器開発をやめない限りは、きっとまた同じことが繰り返されていくのだろうと思います。


そんな中、世間ではNEO(非戦闘員疎開作戦)という言葉が飛び交っているようです。


「NEOとは在韓米軍とその家族を有事の際に避難させる作戦のことをいう。つまり北朝鮮が暴発した場合ではなく、アメリカが先制攻撃をする場合、韓国にいる在韓米軍の家族は静かにいなくなる。これは公表するものではないが、たくさんの人がいなくなる。その訓練を去年の秋にやっている。実際に嘉手納基地などに逃げる予定だ」と明かし、「アメリカが軍事行動を起こす時、NEOをやると思う」と解説した。


引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00010006-abema-int


日本のメディアでも日々色々な報道がされており、SNS上でも様々な憶測が飛び交っています。結局のところ何が真実なのか私たちには知る由もありませんが、防災と同じく備えることはできます。


テロに遭遇した際に取る基本行動が下記サイトで分かりやすく説明されています。災害時にも役立つことが書かれていますので、ご紹介させていただきます。
https://courrier.jp/news/archives/46518/

 

 

センシティブな内容になってしまいましたが、明日何が起きるか分からない日常の中で、どんな場面においても、事前に備えておくことはとても重要だということがお伝えできていれば幸いです。

 

シェアする
Share on FacebookTweet about this on Twitter