Vol.10 ツクモル 自己満足にならないよう沢山の人に楽しんでもらいたい

 

ツクモル

来馬(くるば)涼子氏 インタビュー後編

INTERVIEW

2018/3/19

 

災害の多い日本で、「ものづくり」にできることって何があるんだろう?そんな想いから活動を始めてもうすぐ2年というツクモルさん。前編に引き続き、今回もツクモルスタッフの来馬涼子氏に販売しているグッズのことや今後の展開についてお話を伺ってきました

 

「かわいい」がつまったツクモルオリジナルグッズたち

 

ホイッスルの他にも、お守りやパラコード、軍手など色々なグッズを作っています。お守りの中には防災ガイドが入っているのですが、きちんとした情報をお届けできるように豊島区の防災の専門家の方に監修していただきました。大人向けのものは漢字を使い、子供向けのものは全部ひらがなで字も大きくしたりして工夫しています。防災ガイドはよくあるものだと普段の心構えなどが書いてあったりするのですが、このガイドは「災害が起きたその時にこれはダメだ」とかそういうシンプルな事しか書かないようにしていて、ガイドの他にもライトなども一緒に入れて販売をしています。

 

 

パラコードも自分たちで編んで作っているもので、ワークショップではその編み方を教えて自分達で作ってもらったりしています。パラコードはカラフルなものが多くて夏フェスなどでつけられるものなので、そういった時期に販売したりワークショップを開催したりすることが多いです。軍手はワンポイントのプリントが入っていて、これも子供で手袋を嫌がったりする子が多いと聞いたので、かわいい絵柄が入っている事で何かあった時にすぐに着けてもらえるかなというのと、庭いじりや外で遊んでいるときも楽しくつけてもらえるかなと思って作りました。

 

 

変わり種だと、ぬいぐるみにラジオを入れた「ラジぐるみ」というものも作ったりしています。子供が避難所に避難した時などに、ぬいぐるみなどが必要だったという話を結構聞いて。遊ぶものとかがあまり無いので気分が落ち込んじゃったりというのがあるようで、それならラジオとぬいぐるみを合体させちゃおうと。

 

 

グッズを作る際は、基本的な防災用品をベースに出来るだけかわいく作るようにしているのですが、ファッションのジャンルは本当に色々あるので、アウトドア系など防災グッズをつけていてもおかしくない人達だけでなく、すごく女の子っぽい恰好であるとか逆に黒しか着ない人達にもつけてもらえたらなと思って日々色々と試行錯誤しています。

 

過去にバッグチャームのホイッスルを作ったことがあったのですが、サマンサタバサのバッグを持っているような子がつけてくれたらいいなと思って作りました。そういう人達はパラコードのようなブレスレットをつけるタイプではないと思うし、でもそういう人達が身に着けられるものとかもあるといいのかなと。少しでも多くの人がその人の感覚でかわいいと思えるもので防災に役立つものを身に着けてくれたらいいなと思っています。ワークショップなども自分でかわいいと思ったものを作ったというのがすごく大切だと思うし思い出にもなるので、そういう点でずっと持っていてもらえれば嬉しいです。

 

子供たちの自由な発想が楽しい

 

ツクモルの活動を始めて2018年5月で2年になるのですが、様々なイベントに参加して様々な人に会って話したりする中で、自分たちがやりたいことだけではなくて、求められていることを感じられるようになってきました。もちろん、ものづくりというテーマ自体は変わることはないし変えるつもりもないのですが、自分たちの自己満足にならないように沢山の人に楽しんでもらえる内容に出来たらいいなと思っています。

 

 

ワークショップは子供たちが楽しいとかつまらないとかの反応がすぐに分かりますし、こちらが思いもしないアイデアを持っている子がいたり、想定していなかった作り方をする子がいて、私自身もすごく楽しみながらやらせてもらっています。例えば防災お守り袋を作る時は無地のものに好きなものを貼って作ってもらうのですが、貼り付けてもらう目的で置いていたリボンを全部にくっつけてふわふわの犬みたいなものを作る子がいたりして。「あ、そういう使い方するんだ」と感心させられました。本当に自由な発想で作ってくれるので面白いです。

 

 

以前ツクモルの活動で子供たちと一緒に大きな絵を作ってそれを豊島区のトイレの中に貼るということをさせて頂いたことがあるのですが、その時も豚を青で塗ったりだとか色のセンスも独特だなと感じました。芸術家だなと(笑)私たちは元々デザインの仕事をしているので、どうしてもカッチリ決め込んでしまうことが多いのですが、子供たちの作品は固定概念がなく現代アートを見ているような気持ちになります。

 

現在は防災ボードゲームを思案中

 

今後はワークショップの種類を増やしていきたいなと考えています。ただ内容を考えるのが意外と大変で、今までも色々なワークショップを開催してきたのですが、反響のあるものもあれば、人数的に大変だなというものもありました。ポーチ作りなど少し手の込んだものを教えたりということもやってみたりしたのですが、限られた時間の中で一人ひとりに教えると難しかったりもします。

 

そんな中で今考えていることの一つが防災ボードゲームの制作です。まだルールやデザインの方向性などを皆で話し合っている段階なのですが、ホイッスルなどは大きい子は逆に飽きてしまうところもあるので、小学校高学年や中学生でも楽しめるようなものができたらいいかなと考えています。私たちはデザイナーがいるというのが大きなところなので、よりポップにかわいらしく、楽しそうだなと思ってお客さんに来てもらえるようにうまくデザインしながらやってみたいと思います。

 

 

ツクモルサイト

http://tsukumoru.com/

ツクモルTwitter

https://twitter.com/tsukumoru

ツクモルFacebook

https://www.facebook.com/tsukumoru/

 

 

前編はこちら

 

シェアする
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter