Photo via VisualHunt.com

新燃岳が爆発的噴火「より規模の大きな爆発的噴火が発生するおそれがある」

SPECIAL

2018/3/8

 

宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳で6日14時半ごろ、爆発的噴火が発生しています。

 

気象庁によると、爆発的噴火は2011年3月以来7年ぶりとのことで、上空からの観測では火口内の東側で新たな溶岩が見つかり、専門家は「溶岩ドームができている」と指摘。気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を継続し、火口から3キロ以内で大きな噴石への警戒を呼びかけています。

 

爆発的噴火は6日22時すぎまでにさらに6回発生しており、噴煙は一時、高さ2800メートルまで上がり、鹿児島県霧島市や宮崎県都城市の広い範囲で降灰が確認されているようです。周辺地域にお住まいの方々は引き続き十分ご注意ください。

 

 

@pipinkuboがシェアした投稿 -

シェアする
Share on FacebookTweet about this on Twitter